社会福祉法人 恩賜財団 済生会松阪総合病院交通アクセスよくあるご質問お問い合わせ個人情報についてサイトマップ受診予約・お問い合わせ tel 0598-51-2626 受付時間/午前8:00~12:00(診療科と曜日によって多少変更があります)休診 日/土、日曜日、祝日、年末年始(12/30~1/3)文字サイズ
文字サイズを小さくする文字サイズを大きくする

看護スペシャリストから一言 

専門看護師・認定看護師から

がん看護専門看護師

村木 看護師(がん看護専任課長)

 がん看護専門看護師として、病棟・外来を問わず院内を横断的に活動し、患者さんやご家族の療養上の悩みや心配事の相談、院内外の医療スタッ フからの相談を受けています。
 がんとともに今を生きる患者さんに寄り添い、さまざまな問題を一緒に考え、その人らしさを大切にした、より専門的なサポートを多職種と協 働して行っています。


母性看護専門看護師

八木 看護師(産婦人科病棟看護師)

 女性は、妊娠・出産・育児に伴い、身体の変化や社会的な役割が大きく変化し、心や身体に大きな負担がかかります。また、妊娠や出産に至るまでには様々な背景があり、みんなが同じ経過をたどるとは限りません。温もりのあるたくさんの手や心で包まれた生活ができるよう、一人一人の気持ちに寄り添いながら、お母さんと赤ちゃん、そしてご家族の絆づくりのお手伝いをさせてもらいたいです。
 また、母性看護専門看護師として、女性やご家族が心も身体も健康に、安心して生活し続けられるよう、病院と地域との連携の強化も図りながら、チ ーム力を向上していく取り組みもしていきたいです。


不妊看護認定看護師

長谷 看護師(不妊症看護係長)

 不妊治療を受ける方は、治療や生活の中で様々な不安やストレスを抱えてしまいがちです。
そのような方々を心身両面からサポートしていきたいと思っています。


糖尿病看護認定看護師

松井 看護師(糖尿病看護課長)

 糖尿病は慢性の病気のため、生涯自己管理が必要となる病気です。患者さんが糖尿病を持ちながらもよりよい人生を送っていただくためのお手伝 いをしたいと思っています。
当院では、糖尿病委員会がありチームで患者さんを支援できるように取り組んでいます。看護師の立場から患者さんの生活を支えていきます。


感染管理認定看護師

野崎 看護師(手術室 課長)

 感染管理認定看護師の野崎です。現在は病棟勤務をしながら、現場スタッフと共に感染対策の身近な問題に日々取り組んでいます。
感染対策は現場で実践出来てこそ!患者さんやそのご家族、そしてスタッフが安心できる病院であり続けるために、これからも分かりやすく実践 的な感染対策を目指していきたいと思います。


感染管理認定看護師

西川 看護師(感染管理専従主任)

 私は当院で3人目の感染管理認定看護師(以下CNIC)です。兼任の役割として、まず自部署での感染対策の徹底と感染対策に関わるマニュア ルや業務改善・修正に努めています。
また、現在直面している当院での感染対策上の問題に対し、他のCNICと共に情報を共有し、各部署のスタッフが実践可能なより良い感染 対策の啓発や活動をすることで皆様に安全な環境を目指しています。


皮膚・排泄ケア認定看護師

祖父江 看護師(外科・歯科口腔外科病棟課長)

 皮膚・排泄ケア認定看護師とは、創傷・ストーマケア・失禁看護領域における専門の教育を受けた看護師です。
皮膚にトラブルが生じやすい方へのスキンケアや、排泄に伴い生じる問題に対するケアを専門的に行っています。
ストーマや排泄に関して誰にも話せず悩んでいることや、恥ずかしくて聞けないと思っている事に対して、患者さんと一緒に考え、自分らしく生 きていくためのサポートをさせていただきたいと考えています。
 ストーマ外来で相談できる体制を整えていますのでお気軽にご相談ください。



脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

中山 看護師(脳神経外科・脳神経内科・SCU係長)

 脳卒中は運動麻痺、言語障害など重い後遺症を残すことがあります。当院は脳卒中の専門的な治療、リハビリテーションが提供できる体制が整っ ています。患者さんがもう一度、住み慣れた地域で生活できるよう支援をつないでいくことが私の役割であると考えています。
患者さんとそのご家族の思いに寄り添い、前向きにリハビリテーションに取り組んでいただけるようサポートしていきたいと思います。



緩和ケア認定看護師

藤解 看護師(緩和ケア病棟)

緩和ケアは、がんと診断されたときから、人生の最期を迎える瞬間まで身体やこころの辛さを和らげ、患者さんやご家族がその人らしく生きていくことを支えるケアです。
これからどうなるのか、なるべく家で過ごしたいがどうすればいいのかなど、辛い悩みを一人で抱え込まず自分らしく過ごせるよう一緒に考えサポートできればと思います。
また、いつでも、どこにいても緩和ケアが受けられるよう、そして生きる力となれるよう努力します。がんによる身体やこころの辛さ、生活での困り事など、いつでもご相談ください。



救急看護認定看護師

浅井 看護師(救急外来 係長)

 救急看護認定看護師である私の役割は、救急医療を必要とする患者の病態に応じて問題の優先順位を迅速に判断し、適切な初期対応技術を実践し ていく事です。
 そして、救急医療を必要とする患者さん、家族の心理社会的状況をアセスメントし支援に努めたいと考えています。
  また、当院は災害拠点病院に指定されています。災害時における医療現場において医療のニーズを迅速に判断し、災害看護を実践していくことも 救急看護認定看護師の役割です。
救急看護を通して、より地域と密着した救急医療の実践を目指していきたいと考えています。



認定看護管理者

森川 看護師(入退院支援センター課長)

 



認定看護管理者

田中 看護師(教育専任課長)

 



糖尿病療養指導士

松井 美貴・橋本 典子・中山 由紀子・米村 美代・中川 有佳・村上 久美子

 日本糖尿病療養指導士の資格を持った看護師が、糖尿病患者さんをトータルにサポートしています。
 医師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師・理学療法士と連携をとりながら一人ひとりにあった療養方法を患者さんと一緒に見つけていきます。

呼吸療法認定士

山田 幸穂・谷 真澄・松本 栄子・井上 桂子・前田 智子・奥田 幹子・米村 美代・藤崎 祐美子

  現在は人工呼吸器委員会にて呼吸器が安全に使用できるよう活動しています。
 私たちの目標は全病棟で、効果的な体位ドレナージや呼吸介助が出来るようになることです。

お問い合わせは:済生会松阪総合病院 看護部長 鶴森(つるもり) TEL 0598-51-2626(代)まで




Copyright (C) 2005 SAISEIKAI MATSUSAKA GENERAL HOSPITAL. All rights reserved