社会福祉法人 恩賜財団 済生会松阪総合病院交通アクセスよくあるご質問お問い合わせ個人情報についてサイトマップ受診予約・お問い合わせ tel 0598-51-2626 受付時間/午前8:00~12:00(診療科と曜日によって多少変更があります)休診 日/土、日曜日、祝日、年末年始(12/30~1/3)文字サイズ
文字サイズを小さくする文字サイズを大きくする

病棟紹介 手術室

 当院の手術室では、外科・脳外科・整形外科・泌尿器科・眼科・歯科口腔外科が様々な手術を実施しています。手術数は年間2,900件ほどで、各科医師、看護師、臨床工学技士らが共同してチーム医療を実施しています。
 近年増加してきている各種内視鏡下手術などにも対応し、時間外・夜間・祝祭日の緊急手術にも24時間体制を組んでいます。

 皆さんは手術室と聞いてどんなイメージをお持ちでしょうか?見たこともない環境は不安なものです。患者さんは病気そのものへの不安に加え、麻酔や手術への不安もとても大きいと思います。私たちは患者さんの不安を少しでも和らげることができるよう、ベッド・掛物を保温し、温かい状態で手術が受けられるように準備しています。また、安全対策として患者さん自身にお名前を言って頂きリストバンドのIDで患者さんを確認し、常に安全確認を励行しています。

 手術室の看護は独自のスキルが必要なため、専門性を発揮するための学習を重ねています。さらに、手術室看護の向上を目指して手術介助マニュアルの改訂、ヒヤリハットレポート分析・改善案検討、手術展開マニュアルの修正・作成、機械・物品一覧ファイル作成、標準予防策の徹底に向けた活動を行っています。

【手術室の1日】

  1. 朝のカンファレンス:昨日の手術の報告や当日の手術予定患者さんのリスクについて事前に情報共有します(写真:右上)
  2. 手術室の準備と麻酔器・監視モニターの確認(写真:右上から2枚目)
  3. 手術で使用する器械等の展開・チェック:器械の状態や数などをチェックし準備を万全にします。(写真:右上から3枚目)
  4. 麻酔がかかったら手術開始です。迅速な器械提供も大切な看護技術の一つです。(写真:下段左)
  5. 器械の洗浄(写真:下段右)

中央材料室では院内で使用する医療機器の洗浄・滅菌を行っており、安全な医療品の供給・管理を行っています。









  



Copyright (C) 2005 SAISEIKAI MATSUSAKA GENERAL HOSPITAL. All rights reserved