社会福祉法人 恩賜財団 済生会松阪総合病院交通アクセスよくあるご質問お問い合わせ個人情報についてサイトマップ受診予約・お問い合わせ tel 0598-51-2626 受付時間/午前8:00~12:00(診療科と曜日によって多少変更があります)休診 日/土、日曜日、祝日、年末年始(12/30~1/3)文字サイズ
文字サイズを小さくする文字サイズを大きくする

病棟紹介 脳神経外科・神経内科病棟

2病棟5階(NCU)・SCU(脳卒中ケアユニット)

 2病棟5階は脳神経外科・神経内科病棟です。一般病床51床、SCU8床、NCU4床の急性期の病棟です。看護師46名、ナースエード4名で患者の社会復帰を目指して、治療(平成24年度実績は手術件数258件内、血管内手術37件を含む)・リハビリ・看護を24時間体制で行なっています。

 主な疾患は脳卒中(脳出血・脳梗塞・くも膜下出血)交通外傷、脊髄疾患(頚椎・腰椎)神経難病、痙攣や筋疾患等の患者さんが多く入院しています。
 疾患による後遺症で麻痺や嚥下障害、構音障害、失語症など様々な障害を抱えた患者さんに対して身体と心のサポートをしっかりさせて頂いています。

 SCU(脳卒中ケアユニット)は平成24年6月から急性期脳卒中患者の集約的治療を行う病室として8床で開設しました。脳神経外科・神経内科医師が常時24時間365日体制で治療を行い、急性期脳卒中患者の早期治療、社会復帰を目指し多職種とチームを組んで適切な治療、ケアに努めています。

 NCU(脳神経ケアユニット)は痙攣の重積発作、交通外傷、シャント手術、腰椎手術後等の患者さんを集中的に治療、看護を行う病床です。
 各種モニター、呼吸器管理、ドレーン管理の患者さんの治療、リハビリ、看護が行われています。

 一般病床では超急性期治療を脱した患者さんが、自宅退院や後方支援病院、施設に転院するまで治療やリハビリ、看護を継続的に行い、患者さんや患者家族の思いに寄り添う看護を提供しています。 

 平成25年9月から私達のユニホームが一新されました。私たち自身もウキウキし、心穏やかに、また明るい色合いから若返り、病棟全体が明るくアクティブに患者さんの所に笑顔を運んでいます。より一層モチベーションを上げて、これからも患者さん中心に個々の看護力を発揮していきます。




Copyright (C) 2005 SAISEIKAI MATSUSAKA GENERAL HOSPITAL. All rights reserved