社会福祉法人 恩賜財団 済生会松阪総合病院交通アクセスよくあるご質問お問い合わせ個人情報についてサイトマップ受診予約・お問い合わせ tel 0598-51-2626 受付時間/午前8:00~12:00(診療科と曜日によって多少変更があります)休診 日/土、日曜日、祝日、年末年始(12/30~1/3)文字サイズ
文字サイズを小さくする文字サイズを大きくする

専門外来のご案内 腹腔鏡手術・ヘルニアセンター

腹腔鏡手術・ヘルニアセンターのご案内

当院では2名の日本内視鏡外科学会技術認定医が在籍しておりますが、手術日には三重大学病院からの技術認定医の応援もあり、三重県内でもトップクラスの症例数と手術技量があります。
また、術前検討会で手術適応を十分に検討し安全な手術を提供できるよう心がけており、最近では腹腔鏡手術症例数は年々増加しています。

日本内視鏡外科学会 技術認定医とは

日本内視鏡外科学会技術認定制度は、術者による技術の差が大きいとされる腹腔鏡などの内視鏡外科手術に関して、医師の技量を日本内視鏡外科学会が審査し認定をする制度です。
実際の手術ビデオで所定の厳しい基準を満たした医師のみが認定されます。
2016年現在、消化器・一般外科領域の技術認定医は全国で1,445名ですが、主に都会の大病院に集中しており、三重県内では10数名しかいないのが現状で、中南勢地域の市中病院で技術認定医が複数いる病院は当院だけとなっています。

腹腔鏡手術とは

腹腔鏡手術とは、まず腹壁に5~12mmの孔をあけて炭酸ガスを注入します。炭酸ガスによって、お腹がドーム状に膨らんで、内臓が良く見えるようになったところでさらに5~12mmの孔を数ヵ所あけて、ここから腹腔鏡専用の鉗子を使って手術を行います。

腹腔鏡手術の長所

腹腔鏡手術の短所

対象疾患

胆石症、胃がん、胃粘膜下腫瘍、大腸がん、腸閉塞、急性虫垂炎、鼠径ヘルニアなど
肝臓や膵臓の腫瘍に関しては三重大学肝胆膵移植外科の技術認定医と当科の技術認定医が合同で手術を行います。

開腹移行について

癒着がひどい場合や、出血が多くなり止血が難しい場合などで手術が安全に行えないと判断した場合は速やかに開腹手術に移行します。開腹した場合は従来の傷の大きさとなりますが、手術内容が変更されるわけではありません。

鼠径(そけい)ヘルニア専門外来開設のご案内

鼠径(そけい)ヘルニアとは?

鼠径ヘルニアは太ももの付け根から内臓(主に小腸)が脱出してくる病気で、一般的には脱腸と呼ばれています。
最初は図①②にように鼠径部の軽度の腫れで図③のように押さえると引っ込みますが、次第に違和感や痛みを伴ってきます。放置しておくと腫れが巨大になったり、図④のように急に腫れがひどくなり押さえても引っ込まず、腹痛や嘔吐を伴う嵌頓(かんとん)という状態になり、緊急手術をしなければ、飛び出した腸が壊死して腸切除が必要になることもあります。

図① 図② 図③ 図④

鼠径ヘルニアの手術方法は?

手術方法には鼡径部切開法と腹腔鏡手術がありますが、腹腔鏡手術は傷が小さく手術後の痛みや違和感が少ないため、全身麻酔が可能な患者さまには腹腔鏡手術をおすすめしております。 また、当院には内視鏡外科学会技術認定医が2名在籍していますが、鼠径ヘルニアを専門とする技術認定医は全国でも40数名とまだ少なく、三重県内で取得したのは当院だけです。

鼠径部切開法

足の付け根の所を6~8cmほど切開します。ヘルニアの袋(ヘルニア嚢)を根元でしばったあとに、ヘルニアの出口をふさぐとともに腹壁の補強ができる人工の補強材を使った手術を行います。手術は下半身麻酔か局所麻酔で行いますので手術中は意識があります。

①皮膚切開
②ヘルニアの袋を根元でしばる
③メッシュプラグ挿入
④シート状メッシュ留置

腹腔鏡手術

下の図①のように5mmの皮膚切開3ヶ所でお腹の中にカメラ(腹腔鏡)を入れて、ビデオ映像を見ながら手術を行います。ヘルニアの場所を正確に確認し、②薄い違和感の少ないメッシュを貼りつけることで確実に修復できるため、再発率も低く(自験例253例中約1%)手術後の痛みも軽く傷口も目立たない手術方法で、全身麻酔ですので眠っている間に手術が終わります。また手術後の違和感が少ないのも特長です。

①5mmの小さな傷からカメラと手術器具を入れます。
②薄いシート状のメッシュで穴を覆います。

手術実績

2012年から腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術を導入し、ヘルニア手術数は年々増加し、2016年3月までに腹腔鏡手術253例、鼠径部切開法205例と腹腔鏡手術の割合も増加傾向です。

入院期間と費用

入院期間はどちらの手術も4日間(手術前日入院、手術後2日目退院)ですが、患者さんのご希望や状態に応じて短くしたり長くしたりしています。

費用は術式、入院日数、麻酔方法、ヘルニア以外の合併症の有無などにもよりますが、保険の種類によって自己負担額が1~3割の違いがありますので、おおよその自己負担額は\30,000~\160,000となっています。

鼠径ヘルニア専門外来の受付時間

鼠径ヘルニア専門外来 毎週金曜日 13:00~15:00受付となります。
(紹介状をお持ちの方は地域医療連携室で電話予約も承っています。)

鼠径(そけい)ヘルニアの種類・年齢・全身状態・既往歴などに応じ患者さんとご相談しながら最適な手術方法を選択していきます。
専門外来以外でも月曜から金曜日の午前外科外来で受け付けておりますので、お気軽に受診してください。

動画でのご紹介


担当医

氏名 田中 穣
(たなか みのる)
役職 外科部長
手術室部長
腹腔鏡手術・ヘルニアセンター長
卒業年 昭和58年
専門分野 消化器外科
内視鏡外科
ヘルニア(腹腔鏡手術)
取得専門医・認定医 日本内視鏡外科学会 技術認定医(消化器一般・一般外科・ヘルニア)
日本外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会 認定消化器病専門医
日本肝臓学会 認定肝臓専門医
日本胆道学会 指導医
日本肝胆膵外科学会 評議員
日本乳癌学会 認定医
日本超音波医学会 超音波専門医・指導医
緩和ケア研修会 修了



氏名 近藤 昭信
(こんどう あきのぶ)
役職 外科部長
腹腔鏡手術・ヘルニアセンター副センター長
卒業年 平成5年
専門分野 消化器外科
内視鏡外科
大腸
取得専門医・認定医 日本内視鏡外科学会 技術認定医(消化器・一般外科・大腸
日本外科学会 外科専門医
日本消化器病外科学会 消化器外科専門医
日本消化器病外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会 認定消化器病専門医
日本胆道学会 指導医
緩和ケア研修会 修了



氏名 中島 紳太郎
(なかじま しんたろう)
役職 非常勤医師
卒業年 平成13年
専門分野 消化器外科
大腸肛門外科
ヘルニア(鼠径部切開法)
取得専門医・認定医 日本ヘルニア学会 評議員
日本外科学会 外科専門医
日本大腸肛門病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医





Copyright (C) 2005 SAISEIKAI MATSUSAKA GENERAL HOSPITAL. All rights reserved