社会福祉法人 恩賜財団 済生会松阪総合病院交通アクセスよくあるご質問お問い合わせ個人情報についてサイトマップ受診予約・お問い合わせ tel 0598-51-2626 受付時間/午前8:00~12:00(診療科と曜日によって多少変更があります)休診 日/土、日曜日、祝日、年末年始(12/30~1/3)文字サイズ
文字サイズを小さくする文字サイズを大きくする

専門外来のご案内 腹腔鏡手術・ヘルニアセンター

腹腔鏡手術・ヘルニアセンターのご案内

当センターでは4名の日本内視鏡外科学会技術認定医が常勤し、手術日には三重大学からも技術認定医の応援があり、三重県内でトップクラスの腹腔鏡手術が行われています。

鼠径(そけい)ヘルニアとは

 鼠径ヘルニアは、太ももの付け根から内臓(主に小腸)が脱出してくる病気で、一般的には脱腸と呼ばれています。脱出が戻らない嵌頓(かんとん)状態になると、緊急手術や腸切除が必要になることがあります。
 80歳以上で嵌頓した場合には5%の死亡率があるとされていますので、嵌頓する前に手術をした方が賢明です。
 成人の鼠径ヘルニアに自然治癒はなく、放置すると巨大になります。薬で治すことができないので、手術が唯一の治療法です。


日本内視鏡外科学会 技術認定医とは

日本内視鏡外科学会技術認定制度は、手術技量を日本内視鏡外科学会が審査し認定をする制度で、所定の厳しい基準を満たした医師のみが認定されます。


学術的根拠に基づいて手術を行っています


当センタ-では学術活動も積極的に行っており、全国学会のシンポジウムなど上級演題にも多数採用され、論文発表も積極的に行っています。


学術的根拠に基づいた治療を行っていることが評価され、田中外科部長が日本ヘルニア学会、日本内視鏡外科学会、日本臨床外科学会、日本外科系連合学会、日本腹部救急医学会の5学会で評議員に選ばれました。ヘルニア部門での日本内視鏡学会技術認定取得者で、以上のヘルニア関連5学会の評議員に選出されているのは全国で田中医師だけとなっています。

鼠径ヘルニア手術の説明と手術実績


鼠径ヘルニアの手術方法は

メッシュを用いた方法が現在主流で、鼠径部切開法と腹腔鏡手術があります。当センターでは全身麻酔が可能な患者さんには腹腔鏡手術をおすすめしております。

  1. 鼠径部切開法
  2. 鼠径部切開法の代表的な手術方法はメッシュプラグ法です。
    鼠径部に7~8cmの皮膚切開を加えて、ヘルニアの出てくる穴にメッシュで栓をする手術です。

  3. 腹腔鏡手術

上図①のように5mmの皮膚切開を3ヶ所加えます。
②のように臍(へそ)のところからカメラ(腹腔鏡)、その両サイドに鉗子という手術器具を入れて、テレビ映像を見ながら手術を行います。
③ヘルニアの場所を正確に確認し、④シート状のメッシュを貼りつけることで確実に修復します。
傷が小さいので手術後の痛みが軽く、全身麻酔ですので眠っている間に手術が終わります。

腹腔鏡手術の長所と短所

腹腔鏡手術は傷が小さく、手術直後の痛みや慢性疼痛が少ないことが最大の長所です。

入院期間は通常3泊4日ですが、お仕事が忙しい方の場合は1泊2日で手術を受けていただけるようにも配慮しております。

手術実績

当センターでは2012年に腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術を導入し、手術症例数は徐々に増加しております。また、難易度の高い症例にも徐々に適応を広げた結果、2019年においては腹腔鏡の占める割合は187例中843例(98%)に増加しました。

日本内視鏡学会の全国調査では、腹腔鏡手術の再発率は3~4%と、鼠径部切開法の1~2%に比べ高いと報告されています。当センターの腹腔鏡手術の再発率は0.6%で、全国水準よりも低率です。

入院期間と費用

入院期間は4日間(手術前日に入院、手術後2日目に退院)ですが、患者さんのご希望や状態に応じて短くしたり長くしたりしています。
費用は術式、入院日数、麻酔方法、ヘルニア以外の合併症の有無などにもより変わりますが、自己負担額はおよそ\15,000~\150,000です。
70歳未満の方、70歳以上の方で非課税世帯の方は限度額適用認定証の申請をすれば、入院時の窓口での支払いが限度額までとなります。詳しくは総合受付でご相談ください。

鼠径ヘルニア専門外来の受付時間

鼠径ヘルニア専門外来 毎週月曜日 9:00~12:00と毎週金曜日 9:00~15:00の受付となります。
(紹介状をお持ちの方は地域医療連携室で電話予約も承っています。)

鼠径(そけい)ヘルニアの種類・年齢・全身状態・既往歴などに応じ患者さんとご相談しながら最適な手術方法を選択していきます。
専門外来以外でも月曜から金曜日の午前外科外来で受け付けておりますので、お気軽に受診してください。

動画でのご紹介


担当医

氏名 田中 穣
(たなか みのる)
役職 外科部長
手術室部長
腹腔鏡手術・ヘルニアセンター長
卒業年 昭和58年
専門分野 消化器外科
内視鏡外科
ヘルニア(腹腔鏡手術)
取得専門医・認定医 日本内視鏡外科学会 評議員
日本ヘルニア学会 評議員
日本臨床外科学会 評議員
日本肝胆膵外科学会 評議員
日本腹部救急医学会 評議員
日本外科系連合学会 評議員
日本内視鏡外科学会 技術認定医(消化器・一般外科・ヘルニア)
日本外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会 認定消化器病専門医
日本超音波医学会 超音波専門医・指導医
日本肝臓学会 認定肝臓専門医・肝臓暫定指導医
日本胆道学会 指導医
日本膵臓学会 指導医
日本腹部救急医学会 認定医
日本乳癌学会 認定医
緩和ケア研修会 修了



氏名 近藤 昭信
(こんどう あきのぶ)
役職 外科部長
腹腔鏡手術・ヘルニアセンター副センター長
卒業年 平成5年
専門分野 消化器外科
内視鏡外科
大腸
取得専門医・認定医 日本内視鏡外科学会 技術認定医(消化器・一般外科・大腸)
日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本消化器学会 認定消化器病専門医
日本胆道学会 指導医
緩和ケア研修会 修了



氏名 中島 紳太郎
(なかじま しんたろう)
役職 非常勤医師
卒業年 平成13年
専門分野 消化器外科
大腸肛門外科
ヘルニア(鼠径部切開法)
取得専門医・認定医 日本ヘルニア学会 評議員
日本外科学会 外科専門医
日本大腸肛門病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医



氏名 河埜 道夫
(こうの みちお)
役職 医長
卒業年 平成15年
専門分野 消化器外科
取得専門医・認定医 日本外科学会 外科専門医
日本救急医学会 救急科専門医
麻酔科 標榜医
日本内視鏡外科学会 技術認定医(消化器・一般外科・大腸)
緩和ケア研修会 修了



氏名 奥田 善大
(おくだ よしひろ)
役職 医員
卒業年 平成18年
専門分野 消化器外科
内視鏡外科
ヘルニア
取得専門医・認定医 日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定医(消化器・一般外科・ヘルニア)
緩和ケア研修会 修了





Copyright (C) 2005 SAISEIKAI MATSUSAKA GENERAL HOSPITAL. All rights reserved