社会福祉法人 恩賜財団 済生会松阪総合病院交通アクセスよくあるご質問お問い合わせ個人情報についてサイトマップ受診予約・お問い合わせ tel 0598-51-2626 受付時間/午前8:00~12:00(診療科と曜日によって多少変更があります)休診 日/土、日曜日、祝日、年末年始(12/30~1/3)文字サイズ
文字サイズを小さくする文字サイズを大きくする

病院のご案内 院長挨拶

 松阪は、この地の開祖である武将「蒲生氏郷公」、三井家発祥の地、北海道の名付け親である松浦武四郎氏、知名度としてはNo1の松阪牛などもお国自慢ですが、やはり病院のホームページですので、医師でもあった国学者本居宣長公のお姿をお借りしました。「敷島の大和心を人問はば 朝日に匂ふ山桜花」有名な宣長公の歌ですが、日本人本来の心を詠んだ歌です。
 済生会は、明治天皇によって庶民のための医療施設として創設され、「医療に恵まれないすべての人々に手をさしのべる」という「救療済生」の理念のもとに、保健・医療・福祉の向上に取り組んで来ました。現在、秋篠宮文仁殿下を総裁とする公的病院として、全国に79の病院と介護・福祉施設を合わせて365の施設を展開し、職員数は全国で約5万3千人を超える組織になっています。シンボルマークは秋の七草の一つである撫子(なでしこ)で、清楚な美しさと芯の強さを表しています。
 済生会松阪総合病院は地域医療支援病院として、(1)救急医療(2)がん診療(3)虚血性心疾患(4)脳卒中(5)脊椎・脊髄疾患(6)生殖医療(不妊治療)(7)健診部門(PET-CTによる「がん健診」等)を診療上の中核として歩んでいます。また災害拠点病院として災害時の被災地支援、へき地医療支援病院としてへき地や離島における診療や健診支援、そして社会福祉法人として生活困窮者支援などの役割を果たして行きたいと思っています。
 当院は初期研修医、後期研修医の臨床研修病院(卒後臨床研修評価機構認定病院)であり、医師、薬剤師、看護師、その他のメディカルスタッフを目指す学生の教育実習病院でもあります。また医師、看護師、その他各職種において、出産・育児などによる休職あるいは離職後の復職支援にも積極的に取り組んでいます。
 当院の掲げる目標は、「思いやりの心を持ち、納得のいく説明と共に、より質の高い医療を提供する」ですが、地域の住民の皆さんや診療所の先生方から、更に信頼を寄せて頂けるように努力して行きたいと思います。
 私の職員へのメッセージは「ほうれん草」と「one for all, all for one みんなはひとりのために、ひとりはみんなのために」(三銃士より)です。





Copyright (C) 2005 SAISEIKAI MATSUSAKA GENERAL HOSPITAL. All rights reserved