社会福祉法人 恩賜財団 済生会松阪総合病院交通アクセスよくあるご質問お問い合わせ個人情報についてサイトマップ受診予約・お問い合わせ tel 0598-51-2626 受付時間/午前8:00~12:00(診療科と曜日によって多少変更があります)休診 日/土、日曜日、祝日、年末年始(12/30~1/3)文字サイズ
文字サイズを小さくする文字サイズを大きくする

各科部門紹介 リハビリテーション課

概要

 当課では、理学療法と作業療法、言語療法、視能矯正訓練を行っています。
 理学療法士や作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士などの専門スタッフが、患者さん一人一人の状況に応じたリハビリプログラムに沿って治療を行い、患者さんが早期に社会復帰できるように取り組んでいます。

施設基準

理学療法:PTと作業療法:OT

 理学療法は、身体に障害のある方に基本的動作能力の回復を図るため、治療体操やその他の運動を行ったり、電気刺激、マッサージ、温熱療法などを行うことをいいます。
 また作業療法は、身体または精神に障害のある方に、応用的動作能力または社会適応能力の回復を図るため、手芸、工作などの作業を行うことをいいます。
 当院では怪我やご病気になられて入院された患者さんに対し、疾患別チームによる専門的なリハビリテーションを急性期から重点的に実施しています。

●脳血管疾患等リハビリテーション

 脳卒中(脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血)、頭部外傷、神経筋疾患(パーキンソン病や末梢神経障害等)などの患者さんが対象です。
 脳卒中のリハビリテーションは、SCU(脳卒中ケアユニット)に専属の理学療法士1名を配置し、入院後は可能な限り早い時期(早い方は入院当日)からリハビリを開始し、機能の早期回復、日常生活の自立に向けリハビリテーションを開始しています。当院での治療後も脳卒中地域連携パスを使用して回復期から維持期へ継ぎ目ないリハビリが実施できるよう、専門スタッフと十分な連携をとりながら、効果的なリハビリテーションを実施しています。
 また、内科的疾患等で治療による安静臥床による筋力低下、関節拘縮、歩行能力低下等の廃用症候群に対するリハビリも実施しています。

●運動器リハビリテーション

 変形性関節症(人工関節置換術)、骨折、肩関節周囲炎、椎間板ヘルニア、交通外傷などを対象に、早期離床、早期機能回復、早期社会復帰を目標に入院後早期に介入し、術前・術直後より関節可動域練習や筋力トレーニング、歩行練習、バランス練習、日常生活動作練習などのリハビリテーションを実施しています。

●呼吸リハビリテーション

 肺炎、慢性閉塞性肺疾患の急性増悪、開腹術前後の呼吸器合併症などの方を対象とし、呼吸療法認定士を中心に多職種と連携を取りながらベッドサイドで呼吸練習や体位排痰、早期離床を目指し座位練習、起立練習、歩行練習などを行い、出来る限り早く日常生活へ復帰出来るように実施しています。

言語聴覚療法:ST

 認知機能、音声機能、言語機能または聴覚に障害のある方に機能の維持向上を図るため、言語訓練やこれに必要な検査および助言、指導を行います。失語症、構音・認知障害、物忘れといろいろな患者さんに対応させて頂いています。また、脳卒中や誤嚥性肺炎などの疾患により、うまく飲み込みができない方に対して、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・歯科衛生士と連携し、嚥下リハビリテーションも行っています。

視能訓練士:ORT

 視能訓練士とは大きく分けて2つに分けられます。1つは医師の指示のもとに、正確な診断を下すための基礎となる眼科検査。もう1つは弱視・斜視の患者さんに対して回復訓練(視能矯正訓練)を施すことです。

スタッフ人数(平成27年2月現在)

認定資格

1日にリハビリを実施する平均患者数(平成24年度)

理学療法…入院:73.7名  外来:8.1名
作業療法…入院:22.2名  外来:8.1名
SCU …5.4名

リハビリテーション課での取り組み

●平成25年6月より、医療安全委員会とコラボして『転倒予防教室』を始めました。

  日 時:毎月 第3火曜日  16:00~
  内 容:転倒に関する講義、身体機能・歩き方チェック、筋力トレーニングなど
  対象者:当院入院中患者さんのご家族
  定 員:約10名




Copyright (C) 2005 SAISEIKAI MATSUSAKA GENERAL HOSPITAL. All rights reserved