社会福祉法人 恩賜財団 済生会松阪総合病院交通アクセスよくあるご質問お問い合わせ個人情報についてサイトマップ受診予約・お問い合わせ tel 0598-51-2626 受付時間/午前8:00~12:00(診療科と曜日によって多少変更があります)休診 日/土、日曜日、祝日、年末年始(12/30~1/3)文字サイズ
文字サイズを小さくする文字サイズを大きくする

各科部門紹介 放射線課

放射線課が目指すもの

 医療技術部放射線課は診療放射線技師として、チーム医療の一員であることを自覚し、多職種と協働しながら、医療を求める人々に奉仕の精神を持って貢献します。
 また、診療画像部門としての高度な撮影技術および知識を備えるために、常に学習し専門分野の責任を全うします。

特徴・取組み

 放射線課は常に新しい医療技術を取り入れ、また医療を求める人々の視点に立って業務を行うように心がけています。
 その取り組みとして県内でも先駆的に全ての乳房撮影(マンモグラフィー)を女性技師が行う体制にしました。また、脳卒中疑いの救急患者さんには頭部CTに加えて、緊急頭部MRIを行える体制を早くから整えてきました。
 最近では脳卒中の血管内治療が本格的に導入され、血管内治療チームの一員として研鑽に励み、専門性を高めることで先進的で高度な撮影技術を提供しています。

医療機器

X線撮影室 4室 ポータブルX線装置 2台 外科用イメージ 3台
歯科領域X線撮影装置 2台 乳房撮影装置 2台 DEXA 1台
CTスキャナ(320列) 1台 CTスキャナ(64列) 1台 MRI(3.0T) 1台
MRI(1.5T) 1台 PET-CT 2台 シンチカメラ(2検出器) 1台
シンチカメラ(3検出器) 1台 Angio装置(バイプレーン) 1台 Angio装置(モノプレーン) 1台
Linac 1台・シミュレーター 1台 サイクロトロン 1台 PACSシステム
X線透視装置 5台    

資格取得状況

診療放射線技師 22名 第一種放射線取扱主任者 3名 情報処理技術者試験 1名

施設認定

認定技師

救急撮影認定技師 2名 検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師 3名
胃がん検診認定技師 1名 X線CT認定技師 2名
放射線機器管理士 1名 放射線安全管理士 1名
PET研修セミナー修了 8名 Ai認定診療放射線技師 3名
血管診療技師 1名 核医学専門技師 1名
有痛性骨転移の疼痛治療における塩化ストロンチウム-89安全取扱技師 1名
肺がんCT検診認定技師 1名 臨床実習指導教員 1名
血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師 1名
塩化ラジウム(Ra-223)注射液を用いたRI内用療法における適正使用に関する安全取扱講習会 1名

医療機器紹介

CT

CTとはComputed Tomography(コンピュータ断層装置)の略であり、CT検査ではX線を使い360度体の周りを回転し、コンピュータでそれを解析し身体の断層像を得るものです。また、造影剤を使用することにより、単純撮影(造影剤を使用しないCT検査)で分からなかった血管の状態や、それに伴う臓器の状態が良く分かるようになります。
 当院では平成23年に320列マルチスライスCT Aquilion ONE(東芝社製)、平成25年に64列マルチスライスCT Optima CT660(GE社製)を導入し稼働しています。両機種とも逐次近似法を用い画像処理されるため、低被ばくで検査を実施できます。
 また、Aquilion ONEはArea Detectorが搭載され、160mmの広範囲を1回転(0.35秒)の撮影で得ることができ、頭部・心臓・大血管・四肢の三次元立体画像を主に撮影しています。また近年注目が集まっているCT-Colonography(大腸CT検査)も撮影しています。


Aquilion ONE(東芝社製)
Optima CT660(GE社製)

X線透視装置(TV)

 当院では平成23年に、HITACHI社製のCUREVISTA2台とEXAVISTA1台が導入され、様々な透視検査を行っています。
 それぞれFPD(フラットパネルディテクター)の検出器を有しており、広いダイナミックレンジと高いS/N性能が特徴で高画質化ができました。また、矩形視野のため、四隅まで透視下で確認することができ、以前より広い視野で検査が可能となりました。
 CUREVISTAは透視検査の際、患者用寝台を動かさずに透視部位の移動が可能となる構造を有し、特に脊髄の検査で安全に配慮されています。
 また、全脊椎や下肢全長などの長尺撮影や嚥下撮影を行っています。

HITACHI社製 CUREVISTA

骨密度測定装置

 当院の骨密度測定装置は2つのエネルギーを持つX線を用いて、骨のX線吸収差を利用して骨塩量を測定するものです。主に腰椎と大腿骨、前腕などで測定を行います。骨密度測定は骨粗しょう症の評価やホルモンバランスが変化した時に骨塩量を検査します。
 当院では平成25年にGE社製のPRODIGY Primo-Cを導入しています。検出器がX線を直接ロスなしでデジタル化するため、微量なX線量でも検出でき高画質、低被ばく、高精度に測定できます。測定時間は腰椎正面を約60秒程度で、大腿と合わせて約120秒程度で測定可能です。また、人工骨頭専用ソフトを導入しており、自動的に金属部分を除去してステム(人工関節)周辺の骨密度を測定できます。

GE社製 PRODIGY Primo-C

Angio(アンギオ)装置

 アンギオ装置はX線撮影装置の1つで、カテーテルと呼ばれる細い管を使用し、血管に造影剤を流して血管画像を撮影する専門装置です。この装置では、全身の血管を撮影して検査・治療を施行しています。
 当院は2台のアンギオ装置を有しており、平成24年にArtis Zee Biplane(シーメンス社製)、平成25年にINNOVA(GE社製)へと更新を行いました。この装置はどちらもFPD(フラットパネルディテクター)を搭載しており、以前よりも低被ばく・高画質の画像を取得することが可能となり、さらに、血管の3D撮影・CTLI(CTライク・イメージ)も可能で、この更新により最先端の検査・治療を施行できるようになりました。

シーメンス社製 Artis Zee Biplane
GE社製 INNOVA



Copyright (C) 2005 SAISEIKAI MATSUSAKA GENERAL HOSPITAL. All rights reserved