社会福祉法人 恩賜財団 済生会松阪総合病院交通アクセスよくあるご質問お問い合わせ個人情報についてサイトマップ受診予約・お問い合わせ tel 0598-51-2626 受付時間/午前8:00~12:00(診療科と曜日によって多少変更があります)休診 日/土、日曜日、祝日、年末年始(12/30~1/3)文字サイズ
文字サイズを小さくする文字サイズを大きくする

各科部門紹介 検査課/生殖医療部門(体外受精部門)

│ 生理検査室 │ 検体検査 │ 中央採血室・一般検査 │ 輸血管理室 │ 細菌検査室  │
│ 病理検査室 │ 生殖医療部門(体外受精部門) │

生殖医療部門(体外受精部門)


顕微授精(ICSI)
 当院の臨床検査技師のうち3名が、生殖補助医療胚培養士(いわゆる胚培養士)の資格を有し、ART・生殖医療センターで生殖補助医療に従事しています。
 胚培養士とは、配偶子(卵子・精子)や胚を体外で取り扱う専門スタッフでエンブリオロジスト(embryologist)とも呼ばれています。
 主な業務は卵子や胚の培養、精子の調整、顕微授精(ICSI)操作、胚・精子の凍結保存や長期保存している凍結胚や凍結精子の管理です。
 私達胚培養士は、生殖補助医療のなかで医師・看護師とともに治療に大きく関わり、生命誕生の一役を担っています。




Copyright (C) 2005 SAISEIKAI MATSUSAKA GENERAL HOSPITAL. All rights reserved