社会福祉法人 恩賜財団 済生会松阪総合病院交通アクセスよくあるご質問お問い合わせ個人情報についてサイトマップ受診予約・お問い合わせ tel 0598-51-2626 受付時間/午前8:00~12:00(診療科と曜日によって多少変更があります)休診 日/土、日曜日、祝日、年末年始(12/30~1/3)文字サイズ
文字サイズを小さくする文字サイズを大きくする

専攻医(後期研修)募集要項

《平成30年度》専攻医募集要項

 済生会松阪総合病院では、卒後臨床研修制度として、2年間の臨床研修修了者に専門分野のより高度な知識及び技術を習得させる事を目的とする専攻医制度(後期研修)を実施しています。
 平成30年度専攻医は詳細が決定次第、こちらのページに掲載いたします。

専攻医責任者からのメッセージ
内科部長 橋本 章(三重大学卒)

 当院では十分な後期研修を受け一人前の専門医になるために、良質な卒後教育を実施していきたいと考えています。当院での専攻医研修のメリットは

(1)1~2次、時には3次と考えられる救急症例を受け入れているため豊富な症例が経験出来る。

(2)38名の指導医講習会修了者を初めとして、各専攻科に在籍する複数の専門医が直接専攻医を指導するシステムをとっている為に、チームとしての医療が出来ている。指導医は臨床実習とともに学会活動も支援する。

(2)専攻医は上級医より指導を受ける一方1年目、2年目研修医を指導する役割を担っている。研修医に指導をする中で、専攻医自身が必要とする知識、技能をより確実なものとすることが出来得る。

以上のシステムの中で専門知識を得、無理なく自然な形で専攻科専門医を育成する事を目標にしています。

1.応募資格

 当院もしくは他病院において、卒後2年間の臨床研修(初期研修)を修了した医師もしくは修了見込みの医師。

2.研修期間

 原則として平成30年4月1日から3年間。(1年毎の契約更新で所定の研修課程を修了したときは修了証書を授与。)

3.研修コ-ス

  1. 診療科専攻コ-ス:単独の診療科で研修。
  2. 選択コ-ス:希望により複数科のロ-テイト研修が可能。
    (例えば1年間内科にて研修し内科認定医の受験資格を得た後に他科で研修することも可能)
  3. 国内の好きな施設に留学できるフリーエージェント制度あり

4.募集診療科

 内科(血液、循環器、消化器、腎臓)、神経内科、麻酔科、外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、産婦人科、放射線科

5.募集人数

 若干名

6.身分及び待遇

  1. 身分 専攻医(1年毎の契約更新で最長3年)
  2. 待遇
    1. 報酬
      1年次 月額 641,430円(本俸344,600+諸手当296,830円)
      2年次 月額 662,750円
      3年次 月額 684,200円
    2. その他
      賞与(年間実績4.9ヶ月)、通勤手当、宿日直手当、時間外手当等を支給
    3. 社会保険
      健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険加入
    4. 宿舎
      宿舎なし。住宅手当支給(最高27,000円)引越費用は当院負担。
    5. 学会出張
      年2回公費にて参加が可能。発表者については、無制限。

7.専攻医終了後のコ-ス

 研修終了後、各診療科に欠員があれば、正規職員として採用可。

8.選考方法

  1. 書類審査
  2. 面接
  3. 臨床研修中の業績

9.選考試験の日時・場所

決定次第、掲載いたします。

10.応募手続

  1. 提出書類(郵送又は持参)
    1. 平成30年度専攻医申込書
      ・専攻医申込書(PDF形式:約105KB)
      ・専攻医申込書(エクセル形式:約53KB)
    2. 医師免許証の写し、保険医の登録証の写し
    3. これまでの学会発表、論文発表、剖検症例のリスト
    4. 臨床研修を修了した事又は修了見込みである事を証する書面(2ケ所以上で研修を行った場合は、その全てについて提出のこと)
    5. 健康診断書
  2. 提出期限
     随時
  3. 提出先及び問い合わせ先
    〒515-8557
    松阪市朝日町一区15番地6
    済生会松阪総合病院 総務課
    TEL 0598-51-2626(代表) FAX 0598-51-6557
    ホ-ムペ-ジ http://www.matsusaka.saiseikai.or.jp/
    お問合せページから『病院へのお問合せ』で送信してください。

11.各種学会認定状況


※刺青(タトゥー含む)を入れている方はお断りさせていただく場合があります。




Copyright (C) 2005 SAISEIKAI MATSUSAKA GENERAL HOSPITAL. All rights reserved