社会福祉法人 恩賜財団 済生会松阪総合病院交通アクセスよくあるご質問お問い合わせ個人情報についてサイトマップ受診予約・お問い合わせ tel 0598-51-2626 受付時間/午前8:00~12:00(診療科と曜日によって多少変更があります)休診 日/土、日曜日、祝日、年末年始(12/30~1/3)文字サイズ
文字サイズを小さくする文字サイズを大きくする

臨床研修プログラム

臨床研修プログラムの目的と特徴

臨床研修病院としての理念・目標・基本方針

理念 社会に積極的に貢献することができ「患者さんに信頼される」良質の医師を育てること
目標 当院での臨床研修は「救療済生の精神」に基づき、「人間関係を大切にして、患者さん・家族や医療チームのスタッフに信頼される」良質の医師を育てることです。このため、  
  1. プライマリケアで頻度の高い疾患・病態および外傷の診断治療、救急医療における初期治療、専門医師や上級医への適切なコンサルト及び紹介、医療情報や診療内容の正しい記録など実践能力。
  2. 全人的に病める人への心的サポートと社会医療資源に関する助言、チーム医療を理解し実践する
  3. 疾病予防に関する適切な生活指導、地域の診療所との病診連携などによる地域医療への貢献を目標として「生涯、成長し続ける医師
を目指します。
基本方針 (1)頻度の高い疾患・病態および外傷の診断治療
(2)救急医療における初期治療
(3)専門医師や上級医への適切なコンサルト及び紹介
(4)疾病予防に関する適切な生活指導
(5)病める人への心的サポートと社会医療資源に関する助言
(6)チーム医療の理解と実践
(7)医療情報や診療内容の正しい記録
(8)地域の診療所との病診連携

当院での臨床研修理念と研修プログラムの説明

1.標準的な医療の提供として、レベルアップ

標準的な必修研修項目、カリキュラムについて、Mie Medical Complex(MMC,三重大学と教育関連病院を中心とした病院群)との連携によるコアカリキュラムを必要最低なものとして、さらに済生会精神に基づいた「心からの医療」の実践、「ACLS,JATEC」などの救急初療の習得など、独自のプログラムを通 して標準的な医療の提供とレベルアップをめざす。

  1. 救急の研修では外科系救急プログラム以外にも研修の2年間を通 して救急当番日での救急外来を用いる。
    さらに2年次には済生会千里救命救急センターでの研修も行うことが可能である。
  2. 充実したスタッフとPET-CTや3T MRIなどの最新機器を要している放射線科でのローテーション(1ヶ月)を必須として全科の画像を理解する。
  3. 初期1ヵ月間の研修はプリセプター制度を採用している。

2.安心・安全な医療の提供

医師として必要最低の知識、技術、態度さらに社会人として倫理、ルールを学び、それを習慣化して、医療事故防止に努め、安心・安全な医療を提供する。

3.高度先進医療への対応

全国に先がけて導入された電子カルテなどのIT技術や鏡視下手術、PET-CTなどの特殊検査などの習得を行い、専門性や高度先進医療に対応することができるものとする。世界を見据えたグローバリズムに対応するために英会話教室も行っている。

 これらの目標を達成するために当院では、A.個々の研修医にあった継続性・柔軟性のあるプログラムを作成している:

  1. 各種勉強会への参加や集団指導体制
  2. 講習会や院内の各種委員会や院内ACLS 講習会運営などによる積極的なチーム医療への参加
  3. EBMの実践:evidendceに基づいた診療・勉強会、学会発表、論文作成の推奨
  4. 県の教育モデル病院でもある看護部の教育システム「癒しの看護」との連携
  5. 電子カルテなどを利用した教育用ソフトなどの積極的な利用などを行っている。

尚、研修中に研修医からの意見も参考にして問題点があれば積極的かつ柔軟に改良することも重視したい。
研修医の様々な希望に答えるべく、2012年度より済生会松阪初期研修MMCプログラムに変更しました。
また、希望する三重県内の基幹病院にて研修が可能です。

またB.研修の質をあげる指導医の熱意と協力的な環境: これらのプログラムを継続的に実りあるものとするために良質な指導医の育成の為の指導医研修会への参加推奨(H26年現在での医療推進財団公認:指導医取得者93%)に努めている。尚、指導医・上級医らの熱意と他の看護師、メディカルスタッフfによる協力的な環境に恵まれている事も強調したい。
尚、病院に近接した賃貸マンションを宿舎として用意しており、待遇面でも安心して研修が出来るようになっています。

 全人的な教育としては

  1. 医師として希望に満ちた「高い志」を共有する
  2. プロ意識を徹底する
  3. また良質な心のこもった医療、済生会精神が引きつがれた当院の一員として良質な態度と習慣を習得する

ことが可能である。形成的評価として指導医、他のスタッフのみならず患者・家族などからの評価も参考にして、柔軟に対応して問題提起・解決能力を養い、自らが発展・進歩できる「生涯成長し続ける医師」を目指すことである。

 研修教育・指導の柱はOn the Job Training(OJT)とする。
すなわち、

  1. ローテート先診療科での研修:プライマリケア対応の基本的知識・技能・態度の習得
  2. 2年間を通して継続的に必須検査の習得(週1,2回・午前中)
  3. 救急外来などでのACLS,JATEC(外傷初療)を含めた救急疾患への対応技能・態度の習得(院内ACLS講習会支援や、Off JTでの研修も希望があれば)
  4. 各種勉強会や講演会への参加
  5. 後輩への指導などで指導力、リーダーシップの養成

などである。

 一方、研修後の保証については

  1. MMCの教育関連病院として、2年間の研修終了後に三重大学の希望の医局に優先的に入局できることを強調したい。
    また
  2. 2年間の研修終了後の3年間をより専門性の高い後期研修として募集を行っており、専門性を高めるとともに、身分を保証する。
    なお、希望があれば全国済生会グループでの後期研修プログラムを利用して、重点的な研修を行うことも可能です。
  3. 研修終了後の入局、専門医化をスムーズに進めるために、2年間の研修3ヶ月間の研修を希望選択科とする(原則的には全科を対象として、希望があれば大学各科での研修も考慮する)。また各科専門医制度にも対応した資格認定取得手続やスムーズな三重大学各医局への入局の指導を行う。また2年間を通 してプログラム責任者が指導責任をもつなどである。

 尚、地元出身者のみならず、最終的に当院のスタッフになる事も希望されている方は是非、当院での研修を希望・選択して下さい。

2011年3月にNPO法人卒後臨床研修評価機構による認定(4年間)を更新しましたが、今後もさらに研修システムやプログラムの改善に努めたいと考えています。

済生会松阪総合病院でのプログラムの紹介

当院では研修医の種々の希望に対応するために2012年度より済生会松阪初期研修MMCプログラムに変更しました。

済生会松阪総合初期研修MMCプログラム(定員9名)


1年目 内科(6ヶ月)、救急(外科・脳神経外科・整形外科 3ヶ月)、麻酔科(2ヶ月)
2年目 産婦人科(1ヶ月)
小児科(1ヶ月)(三重病院・伊勢赤十字病院・松阪中央総合病院・三重中央医療センターより選択)
放射線科(1ヶ月)
地域医療(1ヶ月)(紀南病院・済生会明和病院より選択)
精神科(1ヶ月)(南勢病院・厚生病院より選択)
選択科(MMC関連病院8ヶ月)
 

研修協力病院 三重大学、南勢病院、済生会明和病院、山田赤十字病院、三重病院、済生会千里救命救急センター
MMCプログラム関連病院 県立総合医療センター、市立四日市病院、鈴鹿中央総合病院、三重中央医療センター、三重大学医学部付属病院、松阪市民病院、松阪中央総合病院、山本総合病院、山田赤十字病院、津生協病院、県立志摩病院、鈴鹿回生病院、四日市羽津医療センター、桑名市民病院、いなべ総合病院、岡波総合病院、藤田保健衛生大学七栗サナトリウム、遠山病院、紀南病院、尾鷲総合病院、名張市民病院、伊勢市民病院、亀山市立医療センター、県立一志病院
指導医数(平成26年4月現在) 43名
研修医の主な出身大学 三重大学、愛知医科大学、福井医科大学、関西医科大学、高知大学、奈良県立医科大学、筑波大学、自治医科大学、産業医科大学


平成31年度臨床研修医を希望の方は、平成30年6月中頃から8月上旬までに臨床研修医選考申込書兼履歴書(PDF:約25KB)健康診断書を総務課までお出しください。

 

臨床研修について評価機構による認定を受けています

 平成20年2月7日にNPO法人卒後臨床研修機構(JCEP)による審査・合格認定を受け、(全国で30番目、三重県内では3番目、済生会グループでは2番目に取得)、さらに平成24年2月16日認定の更新(4年間)を受けています。
 病院の全職員が「臨床研修が病院全体で取り組むべき重要な仕事である」ことを認識し、今後も”より魅力ある研修病院”を目指します。


プログラムの特徴

  1. 初の1か月間をプリセプター期間とする。
  2. 内科研修を1年次:primary2-3ヶ月間、2年次:Advanced+α2-3ヶ月間にわけ、自己で目標設定しステップアップを確認できる。2年次には屋根瓦として後輩の指導も司る(教えることは学ぶこと)
  3. 全科の画像が診断できる放射線科研修を必須とする。
  4. 済生会千里救命救急センターでの研修やMMCプログラムを通じて、研修医の希望を考慮した柔軟なプログラムを作成している。
  5. 他のメディカルスタッフによる非常に協力的な環境に恵まれています。

当院独自の工夫

  1. 2年間を通じて救急外来による救急研修、ACLSや外傷初療の対応能力の習得
  2. 知識・手技のe-learning(ipad提供)や共通コース、MALS勉強会、救急勉強会、救急症例検討会や各科勉強会・講演会、英会話教室など

全国済生会グループでの取り組み:済生会グループでのSaiseikai Educational Team(SET)への参加やその企画による指導医講習会や初期研修医セミナー、後期研修医セミナーなどにも指導医・研修医ともに積極的に参加しており、東京ディズニーランドでの後期研修医セミナーには指導医と後期研修医が参加しています。またH24年6月にはSETの第24回指導医講習会を当院主幹(諸岡院長director)で開催しました。

MMCでの取り組み:三重大学とわれわれ教育関連病院とが連携したMMCを中心として、県全体で研修医を育てる活動を行っています。(指導医講習会、H24年度からのMMCプログラムの実施、MMC共通の研修医手帳と評価、MMC研修医学会、Advanced OSCE、MMC関連講習会、合同見学会、合同面接会、合同オリエンテーションなど)。県全体でのMMCのシステムや活動が理解・評価されつつあると感じています。今後もさらに県内だけでなく、全国からも優秀な研修医が集まってくれる病院や三重県になるようにさらなる努力と工夫、改善を続け、「社会に貢献できる良医」を育てる使命を果たしたいと考えています。

 

院長からのメッセージ
院長 諸岡 芳人(三重大学卒、脳神経外科)

 当院は秋篠宮殿下を総裁とする公的医療機関である済生会の一員で、430床の地域医療支援病院です。三重大学の関連病院ですが、京都府立医科大学、藤田保健衛生大学からも医師派遣を受けています。
 「思いやりの心を持ち、納得のいく説明と共に、より質の高い医療の提供を目指します。」を目標に、(1)救急医療(2)がん治療(3)血管障害(心筋梗塞、脳卒中、PAD)(4)ART生殖医療(不妊治療)(5)脊椎脊髄疾患(整形外科・脳外科)を中心とした地域医療を展開しています。特に救急医療は、住民の健康を守るために無くてはならないものであると同時に、研修医にとってはプライマリーケアーの習得の場であり、医師としての原点でもあると考えています。将来何科の医師になろうと救急の現場の経験は大切な財産になると思います。現在、当院のERでは、2年目研修医が指導医と共に1年目の研修医を指導し、お互いが成長していく頼もしい姿を見ることが出来ます。当院は卒後臨床研修評価機構認定病院であり、指導医も36名が在籍し、救急医療以外の専門分野についても基礎から学べる環境となっています。例えば麻酔科研修によって挿管の技術の習得と全身管理の勉強ができることも評価の高いプログラムの一つです。当院のハード環境としては電子カルテ、フィルムレスはもちろんですが、診断機器として3T&1.5TMR装置、320列&16列CT、PET-CT2台、アンギオ装置2台(循環器用、脳外・放射線科用)があり、放射線科研修ではすべてのモダリティーの画像診断の指導を受ける事が出来ます。
 研修医時代は医師としての第一歩であり、人間として成長するための大切な時期でもあります。当院の職員は皆で一緒に研修医を育てようという意識を持っています。そのような環境の中で医師の道を歩み始めてください。





Copyright (C) 2005 SAISEIKAI MATSUSAKA GENERAL HOSPITAL. All rights reserved